忍者ブログ
思い浮かんだ雑文を書き留めてます。
11. 10. 9. 8. 7. 6. 5.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お金を払った者と受け取った者がいて、
互いの行為の証明としては領収書が発行される。
二者の支払い、受け取りを証明するのは紙一枚であり、
それはまさしく間に挟まれた紙。
されど一枚の紙は両者の間にのみ存在するものであり、
二者のいずれの側にも属してはおらず
純粋に、間という存在領域に挟まれているのだから、
少しはやりきれない。
紙一枚、というのは薄くもなければ破れない厚さでもないのだから、
希望の持ちようもあろうが
ひとりで破るには支点がなく。
ふたりで破るには反作用が働くため。
おそらくは、そうおそらくは、
行為が成立してしまった時点で絶対的な境目が生じ
それは皮膚のように呼吸することもなく、
また新陳代謝を繰り返すこともないため
二者はもう、互いの関係性を変更することは、
空間、時間の面からは不可能となる。
宇宙に飛躍した場合、
この両者の関係性は、根底からの変質をうける。
否定的にいうならば、二者を隔てるものはなにもない。
肯定的にいえば、全てがあるということに溢れている。
一切合切の充実が、
どこまでもという言葉の忘れ去られる消失点に向かって
全力で疾走し続けている、誰も追い付けない、飛んでいるからだ
そう、いまだに金星からは円盤が飛来しているのだが、
それを見るものはもういない
窓から手を振る彼らを。
宇宙には領収書がないのである。
PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
容疑者カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
古代インカ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp